岐阜県産の間伐材を活用した情操玩具や家具などの木製品で山と人を育みます

環境への取組み

森の工房 【ki-rin】 > 環境への取組み

岐阜県 県産材 流通課

岐阜県立森林文化アカデミー

ぎふ森林づくりサポートセンター

環境への取組み

日本は昔から森と水に恵まれた豊かな自然の中で生かされてきました。

現状をみましても先進国でありながら国土の7割弱※1が森林におおわれている稀有な国です。(森林率はフィンランドに続き世界第2位)

 

ところが・・・今、日本の森林のピンチが叫ばれています

日本の森林の約4割※2は戦後に植えられたスギやヒノキ等の針葉樹の人工林で、本来手入れ(間伐・枝打ち・下草刈り等)をしながら護られるべき自然です。

しかし海外からの木材が安く輸入されるようになったことで日本の林業が低迷し、手入れの行き届かない人工林が大半を占めることになってしまいました。

間伐(間引く)と聴くと「木を切る」行為から一見ネガティブに捉えられがちですが、混み合った木々を間引くことで森の中に陽が差し込み、光合成が進むことで木が丈夫に育ったり、下草が生えて保水力UPや土壌流出防止を促してくれたり・・・
廻り廻って生態系を助けることにもつながっていくのです。

環境イメージ

一方、広葉樹の森の現状は針葉樹とは違います

過去の乱獲により減少の一途を辿ってきた広葉樹は、今後無計画に伐ってしまうと未来の子供達が使える木がなくなってしまいます。
将来を見据えた計画的な手入れが求められています。

たしかに木を切る行為は木の命をいただくことですから、大切に有効に使われなければなりません。

 

森に恵まれた日本の中でも岐阜県は「森林率全国2位」という木の国です

岐阜県では日本の森林の未来を担う役割と受け止めて、自然を護り育む活動に力を注いでいます。
これを受ける形でki-rinでは、ぎふ生まれの木でこどもたちを育む情操玩具の企画制作に取り組んでいます。

ki-rinは「ぎふの木を活かす」ことで「未来を担う大切なこどもたちを育み」「森林を護り育み共存」し、こどもたちが安心して育っていける環境つくりを目指します。

(ものづくりで森づくりネットワーク 参加)

※1
FAO(国連食料農業機関)が公表しているデータでは日本の森林率は68.2%とされています。
面積の算出根拠が違うことから(湖沼等)日本の資料では一般的に66%といわれています。
日本の森林率は先進国の中ではフィンランドについで第2位(世界の平均は約30%)です。
日本は資源がないとよくいわれますが森林資源については実は使われずにいる現状なのです。

※2
日本の森林は約2500万haあり、そのうち約1300万ha(約5割)が天然林、約1000万ha(約4割)が人工林、残りが無立木地や竹林などです。
ちなみに岐阜の森林は867000ha(第5位)森林率は81.6%(第2位)

ページトップへ

[運営会社] 株式会社 郡上割り箸

〒501-4301 岐阜県郡上市明宝大谷1243番地 / TEL&FAX:0575-87-2411

営業時間 9:00~18:00(土日祝 休業)